ひょうご地域活性化雇用創造プロジェクト推進協議会

セミナー・イベント情報

随時更新いたします。

次世代成長産業分野進出支援事業(航空・宇宙分野)第2回 研修受講者募集について

 兵庫県では、県下に事業所を有し、航空・宇宙産業の分野への新規参入や多角化を目指している企業に対して必要な研修による支援を実施し、もって良質な雇用創出を図ろうとしています。その一環として、単独研修1件、集合研修3件を計画しましたので参加企業、参加者を募集します。

(A)単独研修
  1)安全衛生工場診断
(B)集合研修
  1)JISQ9100規格解説及び内部監査員養成セミナー
    (2日間)
    日時:令和6年8月22日(木)、23日(金)9:00~16:40
    場所:神戸商工会議所会館 第1会議室
  2)「なぜなぜ分析」研修
    日時:令和6年9月11日(水)10:00~16:30
    場所:神戸商工会議所会館 第1会議室
  3)現場の管理と改善セミナー 5Sコース
    日時:令和6年9月27日(金)9:30~16:40
    場所:神戸商工会議所会館 第1会議室

■募集期間
令和6年7月1日(月)~7月19日(金)


詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240626/44470/

■お問い合わせ先■
(公財)新産業創造研究機構 研究開発部門 航空・宇宙部
TEL:078-306-6803
FAX:078-306-6812
MAIL:kitagawa@niro.or.jp

 

第3回 水素産業への参入(基礎と応用)研修セミナーをオンラインで開催いたします。

 公益財団法人新産業創造研究機構では、兵庫県下に事業所を有し水素分野への新規参入を目指している企業に向け、水素の基礎から応用までをワンストップで学べるオンラインセミナーを4回にわたり開催しています。
 昨年度同タイトルで開催した本セミナーは大変反響が大きく、今年度は更に最新の情報を盛り込みブラッシュアップした内容となっています。ぜひ、ご参加ください(各回ごとにお申込みが必要ですのでご注意ください)。

◆日  時2024年7月23日(火) 14:00~16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー
      ※参加費無料
◆講  師:株式会社テクノバ エネルギー研究部 研究部
      研究第3グループ 上級主席研究員 丸田 昭輝 氏
◆第3回テーマ:【応用】水素の利用
 ・水素の利用の全体像
 ・燃料電池技術(PEFC、SOFC)
 ・水素直接燃焼技術(水素発電、アンモニア発電)
 ・燃料電池の利用(車両、列車、船舶、ドローン、
  定置用FC、バックアップ電源)
 ・合成燃料(e-Fuel、e-メタン、アンモニア)

<4回目の開催予定と内容>
第4回【応用】:水素のエネルギーシステムへの統合と
         プロジェクト事例(8月20日)

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240611/44205/

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp

 

「CO2を資源と考えるカーボンリサイクル~低エネルギーCO2回収(DAC)、燃料合成、燃料利用技術の開発~」研修セミナーをオンラインで開催いたします。

 大気中のCO2濃度を低減する手法の一つとして、カーボンリサイクル技術があります。この技術を確立するためには、CO2回収、燃料合成、燃料利用技術の3つを開発していくことが求められます。これから必須となるCO2回収を低エネルギーで実現する湿度スイング法を用いたCO2回収法(DAC)を中心に、カーボンリサイクル技術の確立に必要な研究開発の取り組みについてご紹介します。

◆日  時2024年7月30日(火) 14:00~16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー ※参加費無料
◆講  師:茨城大学 工学部 機械工学科 教授 田中 光太郎氏
◆テ ー マ  :CO2を資源と考えるカーボンリサイクル
~低エネルギーCO2回収(DAC)、燃料合成、燃料利用技術の開発~

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240618/44356/

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp

 

「水素・水素系燃料に求められる視点」研修セミナーをオンラインで開催いたします。

 脱炭素化に向けて、水素・アンモニア・合成燃料等のクリーン燃料の利用が期待され、導入支援制度の開始等、国内外で社会実装に向けた動きが活発になりつつあります。
 クリーン燃料は水素がベースとなりますが、水素を輸送し易い形に変えるために複数の変換工程が必要となることから、変換ロスつまりコスト上昇は避けられません。
 したがって、クリーン燃料が必要な用途と不要な用途を多様な視点から見極めることが重要になります。脱炭素化だけではなく、レジリエンス、エネルギー・経済安全保障、日本の将来のエネルギーシステムや産業構造のあり方等多様な視点でクリーン燃料の課題と展望について解説して頂きます。

◆日  時2024年8月6日(火) 14:00~16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー ※参加費無料
◆講  師:日本エネルギー経済研究所
      クリーンエネルギーユニット担任補佐 兼 次世代
      エネルギーシステムグループマネージャー
      研究理事 柴田 善朗氏
◆テ ー マ :水素・水素系燃料に求められる視点

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240618/44364/

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp

 

第4回 水素産業への参入(基礎と応用)研修セミナーをオンラインで開催いたします。

 公益財団法人新産業創造研究機構では、兵庫県下に事業所を有し水素分野への新規参入を目指している企業に向け、水素の基礎から応用までをワンストップで学べるオンラインセミナーを4回にわたり開催してまいりました。
 昨年度同タイトルで開催した本セミナーは大変反響が大きく、今年度は更に最新の情報を盛り込みブラッシュアップした内容となっています。
 今回が最終回となります。ぜひ、ご参加ください。

◆日  時2024年8月20日(火) 14:00~16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー ※参加費無料
◆講  師:株式会社テクノバ 研究部 研究第3グループ
      上級主席研究員 丸田 昭輝 氏
◆第4回テーマ
【応用】水素のエネルギーシステムへの統合とプロジェクト事例
・エネルギーシステムへの統合(再エネとの統合)
・水素の低炭素性、認証制度、追加性
・国内外サプライチェーンの事例
・NEDO・環境省プロジェクトの事例
・世界のプロジェクトの事例

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240709/44691/

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp

 

【受講無料】ロボット導入・活用に関する研修を実施します。

 NIROは兵庫県の委託事業の一部として、ロボット導入や開発の人材を育成することを目的とした下記の研修を実施しています。対象者は、兵庫県の製造業の従業員で、ロボット導入の具体的計画を有するか、既に導入済みの企業の方に限定します。受講費用は「無料」です。

「ロボット言語AS」実践講座:
自社でプログラムの修正や開発ができる能力を身に付けられるよう、ASプログラムに熟達した講師が研修を行います。研修内容は、受講企業様の要望に応じて柔軟に対応します。

ロボット活用基礎講座:
ロボット導入のために、ロボットや周辺機器の基礎知識を紹介します。

ロボットの操作研修:
ロボットの操作法を学習し、産業用ロボットの操作で必須の特別教育の資格が得られる研修です。資格は、研修に使ったロボットだけでなく、全メーカのロボットの操作に有効です。

■募集期間
研修により異なる


詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240529/43644/


 

■お問い合わせ先■
新産業創造研究機構(NIRO) 技術支援部門 DX・ロボット部
TEL:078-306-6801
FAX:078-306-6812
MAIL:robot@niro.or.jp

 

「なぜ脱炭素経営か?気候変動と企業の関わりについてわかりやすく説き起こします!」研修セミナーをオンラインで開催いたします。

 2050年脱炭素を目指す動きはグローバルで急速に拡大しています。日本国内でも企業の「脱炭素経営」に向けた取り組みが加速する一方、欧米諸国と比較すると後れを取っているのが実情だといわれています。
 なぜいま「脱炭素経営」が必要なのか。脱炭素経営を行わないことにどのようなリスクがあるのか気候変動の現状や、政府のカーボンニュートラル宣言・政策の背景などを踏まえながら、わかりやすく解説致します。

◆日  時:2024年7月9日(火) 14:00~16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー
      ※参加費無料
◆講  師:公益財団法人 地球環境戦略研究機関(IGES)
              日本気候リーダーズ・パートナーシップ事務局
      責任者 松尾 雄介氏
◆テ ー マ :なぜ脱炭素経営か?気候変動と企業の関わりに
      ついてわかりやすく説き起こします!

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240528/43950/

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp

 

令和6年度 環境・エネルギー分野人材育成(専門家派遣)事業募集

 安定的かつ良質な雇用を創造していくため、地域の産業政策と一体となった地域の自主的な雇用創造の取組を支援し、労働者の職業安定に資することを目的とし、水素、EV・FCV、蓄電池、再生可能エネルギー、大気・水処理等の環境・エネルギー関連製品に係る企業が新たに採用する技術者等に対して実施する人材育成に対して支援をします。具体的には人材育成のための専門家を企業の要望により派遣します。
 なお、今後県内事業者の環境・エネルギー関連産業分野への参入や同分野における事業拡大を促進するために、本事業での実施内容や成果を公開していくこととします。
 応募に際しては、本公募要項をご熟読の上、必要書類を(公財)新産業創造研究機構(NIRO)宛てに提出してください。

■募集期間
2024年6月17日(月)~7月3日(水)17:30まで

※メールにてご応募ください。

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240614/44216/

公募要項 pdf  (214KB)

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp

 

第2回 水素産業への参入(基礎と応用)研修セミナーをオンラインで開催いたします。

 公益財団法人新産業創造研究機構では、兵庫県下に事業所を有し水素分野への新規参入を目指している企業を向け、水素の基礎から応用までをワンストップで学べるオンラインセミナーを4回にわたり開催します。
 昨年度同タイトルで開催した本セミナーは大変反響が大きく、今年度は更に最新の情報を盛り込みブラッシュアップした内容となっています。
ぜひ、ご参加ください。

◆日  時:2024年7月2日(火) 14:00~16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー
        ※参加費無料
◆講  師:株式会社テクノバ エネルギー研究部
      研究部 研究第3グループ
      上級主席研究員 丸田 昭輝 氏
◆第2回テーマ:【応用】水素の製造、輸送、貯蔵技術
・水素製造技術(水電解、化石燃料改質、将来技術)
・水素輸送技術(各種水素キャリア)
・水素貯蔵技術(高圧水素、液化水素、水素吸蔵合金)
・水素圧縮・液化技術
<3回目以降の開催予定と内容>
【第3回】応用:水素の利用(7月23日)
【第4回】応用:水素のエネルギーシステムへの統合と
プロジェクト事例(8月20日)

詳しくはこちら↓
https://www.niro.or.jp/information/20240528/43946/

■お問い合わせ先■
公益財団法人新産業創造研究機構 環境・エネルギー部
TEL:078-306-6804
FAX:078-306-6812
MAIL:environment_energy@niro.or.jp